高麗人参選びの味方!

Panax ginseng Knowledge

メインイメージ
文字サイズ| 大中小|丁度良いサイズになるまで押してください

高麗人参の飲み方にはどんなものがあるか

高麗人参は健康にとても良いですが薬ではないので、飲む量やいつ飲めばいいかということは基本的には決まっていません。サプリメントで摂取する場合は基本的にパッケージに書いてある容量を守りましょう。ただし、いきなりその量で始めるのではなく、少量から始めて1か月くらいかけて量を少しずつ増やしていき、2か月ほどたったら自分にあった量を飲むというふうに考えておくのがベストです。 他にはお茶もメジャーな摂取方法です。この場合漢方と同じように食前や空腹時に飲むのが良いです。味が苦手だという人はレモンやはちみつを入れると飲みやすくなります。もし面倒ではないという方でしたら、他のお茶とブレンドして飲むのも味が緩和されるので良い方法です。もっと簡単に飲みたい場合はお湯を注ぐだけで飲める粉末タイプ、またはいつでも持ち運べるティーバッグタイプのものがお手軽です。今はエキスも販売されていて、高麗人参も身近なものとなってきました。また、お酒もあるので、お酒好きな方はそちらを飲むのもいいです。特に冷え性や虚弱体質の方には効果を発揮してくれます。

野生の高麗人参はなんと100年生きることもあるほどの長生きです。栽培するものは大体7年ほど生きることがわかっています。畑で作られ、ワラで家のようなものを作って育てます。2年ごとに植え替えもする必要があり、大きく育つまではとても手がかかるものです。一度植えた場所にはその後15年ほどは植えても育ちません。それだけ栄養を吸い尽くして育つと言えます。ですから、高麗人参を飲むことは健康的にもとても良いことなのです。この人参は病気予防として日頃から飲んでおくのがおすすめです。なぜなら、体の中にあるウイルスなどを食べる白血球を活性化させる働きがあるからです。それ以外にも赤血球を増やして酸素がたくさん取り込めるようにして体の細胞の活性化をします。つまり体全体の免疫力が高まるというわけです。他にも造血作用、精神安定、消化器系の機能維持などの効果も提唱されています。私は持病で喘息があるため、この人参の効果にとても期待しています。