高麗人参選びの味方!

Panax ginseng Knowledge

メインイメージ
文字サイズ| 大中小|丁度良いサイズになるまで押してください

高麗人参が赤ちゃんに与える影響

高麗人参を赤ちゃんにもとらせてもよいのかが気になる妊婦、お母さんもいます。お腹の中に胎児がいる妊娠中は、基本的に医薬品の服用は避けた方がよいものです。医薬品の他にも、妊娠中は食べ物から日用品までさまざまなものの取り扱いに注意する必要があり、非常にデリケートな時期となります。そのため、女性の中には胎児への影響を考慮し、妊娠と同時に高麗人参の服用をやめてしまう人もいます。しかし、もともと天然物であり、医薬品のような副作用のリスクがないため、妊娠中に服用しても特に問題はありません。むしろ、血液の巡りをよくするはたらきがあり、血液を通してお腹の胎児に酸素や栄養素を送ることができます。また、妊娠中の女性に多い貧血を予防・改善する効果を期待できることから、中国では古来から現代まで、妊娠中に摂取する習慣が残っています。ただ、妊娠中の女性の身体は非常に敏感になっているため、高麗人参に限らず、何事も過剰に摂取しないよう注意が必要です。出産後に関しては、授乳中は赤ちゃんに栄養をたくさんあげたいと、お母さんはだれでも思います。滋養強壮が評価される食品ですので、そういう時には飲みたくなりますが、過剰摂取は健康食品であっても禁物です。

また、高麗人参自体には赤ちゃんに与える悪影響はありませんが、薬用酒(アルコール)やサプリメント(添加物)には注意が必要です。妊婦と授乳中の飲食に関しては、通常の食事ではないものの赤ちゃんに対する影響については心配ならば専門家に相談することが最も安心です。

こちらのサイトの高麗人参の効果的な飲み方の解説もとても参考になりますので、是非ご覧になってみてください。